【無料視聴できる?】『私に嘘をついてみて』 〈13話・14話・15話・16話〉 見逃し動画(日本語字幕)

私に嘘をついてみて

大人気韓国ドラマの『私に嘘をついてみて』の13話・14話・15話・16話を無料視聴(日本語字幕)できるサービスはあるのでしょうか?

この記事は↓のような人向けになっています。

○『私に嘘をついてみて』の13話・14話・15話・16話を含む作品を無料視聴したい

○他の韓流ドラマも興味がある

『私に嘘をついてみて』を無料視聴できるのか?

今までは海賊版サイトで無料に作品を見ることができましたので、違法サイトを利用していた人も多いかと思います。

しかし政府が違法アップロードサイトを規制する方針なので今は見れなくなり、一時的に復活をしてもすぐに見れなくなってしまう可能性は非常に高いです。

それでは私に嘘をついてみてを無料視聴することはできないのでしょうか?
答えは次の通りです。

私に嘘をついてみてを無料視聴する方法

◆ 韓流ドラマならTSUTAYAディスカスの30日間無料お試しがおすすめ

なんでこの結果になるのか、私に嘘をついてみてを無料で見る方法を解説していきます!

TSUTAYAディスカス

TSUTAYA

【公式サイト】https://www.discas.net/

月額933円(税抜)の動画配信プラン(動画見放題・新作2本+見放題作品)と、月額990円(税抜)~3,960円(税抜)定額動画ポイントプランのように自分の生活スタイルに合わせてプランを選ぶことが出来ます。

もちろん初回30日間はどちらでも無料でお試しできますので、試してみてはいかがでしょうか。
TSUTAYAはこちらから登録できます。

私に嘘をついてみてのあらすじ

第13話のあらすじ

ギジュンはヒョン会長がセッティングしたユンジュ一家との会食の席には向かわず、アジョンのもとへ…。不安がるアジョンを強く抱きしめる。落ち込んでいたアジョンも元気を取り戻す。しかし、ギジュンが会食をすっぽかしてアジョンと一緒にいたことを知ったユンジュ一家は怒り心頭!ギジュンはユンジュの父の力を借りずに、チェン会長を説得するというが…。
一方、アジョンの職場でも、アジョンがワールドグループに便宜を図っているのではと疑う同僚が、上司に報告したために大騒ぎ。そんな中、アジョンに見送られギジュンは中国出張に発つ。
ところがその頃、韓国では「ヒョン・ギジュン社長がビジネスのために偽装結婚をしていた」というスキャンダルが大きく報道され、ワールドホテルには問い合わせの電話が殺到!アジョンは文化観光部に辞表を出し、うつろな表情でホテルへ向かうのだった…。

第14話のあらすじ

ワールドホテルに向かったアジョンは、集まった報道陣の前に姿を現し、「ヒョン・ギジュン社長は嘘をついていない。悪いのはすべて私です」と告白する。中国から帰国したギジュンは一人で罪をかぶろうとする彼女を必死で探し出すが、“ヒョン社長を脅迫した女性公務員”として、すでに世間の冷たい目ははアジョンに集中していた。さらにアジョンがワールドグループに便宜を図っているのではと上司に報告するアジョンの同僚。事態はアジョンの辞表だけでは済まなくなっていた。
そんな中、中国から急きょ帰国したギジュンは、大胆な行動に出る。それは、アジョンを傷つけず、世間にも身内にもアジョンとギジュンとの仲を公然の間柄と認めさせるうまい手だった。どうぞお見逃しなく。
ギジュンの作戦はうまくいき、世間はアジョンをシンデレラガールとして、興味津々ながら好意的に見てくれるようになる。
しかし、そんな時臨時株主総会が開かれ、ギジュンの代表理事の解任の案件が持ち上がる。まさに解任の決議がされようとした寸前…。
そしてで、後日チェン会長のパーティーにギジュンと同行したアジョンに一本の電話が入る。

第15話のあらすじ

チェン会長のパーティーにギジュンと一緒に出席したアジョンは、会場で文化観光部の事務官罷免の電話を受ける。ギジュンが経営するゴールドリゾートを私情で優遇したと疑われたのだ。新聞記事でその事実を知ったギジュンは、アジョンの身の潔白を証明するためにまたもや大胆な行動に出る。いったい今度は何をするのか、伯母のヒョン会長をあきれさせたその行動をお見逃しなく。アジョンを守ったのは、ギジュンだけではなかった。アジョンの同僚たちやジェボムも、それぞれの方法で彼女に協力する。
一方、ユンジュはサンヒのもとを訪れ、ギジュンへの気持ちを整理し、再びパリに発つことにしたと告げる。

第16話のあらすじ

全てが解決し、改めてギジュンからプロポーズを受けるアジョン。有頂天に喜ぶが、日が経つにつれ、ユンジュのいっていた“ギジュンの妻になること”の大変さを思い知る。まるで自分が無くなるような思いに、時間がほしいと済州島への転勤を決めてしまうのだった。果たして二人の恋は…。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする