【韓国ドラマ】オクニョ11話(日本語字幕付き動画) 見逃しを無料視聴

オクニョ運命の女
NHKBSプレミアムで大好評だったイ・ビョンフン監督のドラマ「オクニョ 運命の女(ひと) (原題:獄中花)」が、今はNHK総合にて4月8日(日) 夜11時から再放送されています。
イ監督が「獄中で成長した天涯孤独の少女」を描いた力作で、気になる11話目のあらすじと、見逃した方向けにご紹介していきます。

オクニョ11話が無料で見れるサービスは?

「オクニョ」の配信先を調べた結果が以下になります。

TSUTAYA
Hulu ×
dTV ×
U-NEXT ×

「オクニョ」はHulu、dTV、U-NEXTでは配信が確認できませんでしたが、TSUTAYAでは確認できました。

TSUTAYA

TSUTAYA

【公式サイト】https://www.discas.net/

月額933円(税抜)の動画配信プラン(動画見放題・新作2本+見放題作品)と、月額990円(税抜)~3,960円(税抜)定額動画ポイントプランのように自分の生活スタイルに合わせてプランを選ぶことが出来ます。

もちろん初回30日間はどちらでも無料でお試しできますので、試してみてはいかがでしょうか。
TSUTAYAはこちらから登録できます。

オクニョ11話のあらすじ

絶対的権力を持つ文定大妃に謁見したオクニョ。師であり体探人(チェタミン、密偵)のパク・テスがユン・ウォニョンの差し金で殺されたことを話し、大妃はその言葉を信じる。
オクニョは望みを聞かれ、典獄署の茶母に戻してほしいと頼む。

大妃は、チ・チョンドクとチョンドンの放免を命じ、キ・チュンスは典獄署チョン・デシク署長に、オクニョやチョンドクが戻ってもこれまでの経緯を追及してはならないと厳命する。チョン署長はこのことからオクニョの背後に内禁衛のキ・チョンス、その後ろには大妃がいると考え、オクニョに自分の補佐係となってほしいと、あることを頼む。

典獄署に戻ったオクニョはテウォンに礼を言い、テウォンは獄中のコン大行首の世話を頼む。商団の仕事に興味があるなら通訳として雇うというテウォンの申し出を断るオクニョは、もう一度安国洞の奥様に合わせてほしいと頼む。

オクニョ11話でのキャスト

キャスト 役名 役柄
チン・セヨン オクニョ役 典獄署(チョノクソ)の使用人。明るく元気で聡明な女性。
典獄署で生まれ育った。囚人たちから幅広い知識や武芸を学ぶ。
母親は刺客に襲われ、運び込まれた典獄署で出産直後に亡くなった。
母の死の真相を知りたいと願っている。
コ・ス ユン・テウォン役 囚人。頭脳明せきで腕っ節が強い。
コン・ジェミョンの商団に加わる。
商売を広げて金と権力を手に入れ、ある目的を果たそうとしている。
キム・ミスク 文定(ムンジョン)王后役 国王、明宗(ミョンジョン)の母。
先々代王、中宗(チュンジョン)の3番目の正室。
息子が幼くして即位後、長年に渡り摂政を務め、
現在も絶大な力で朝廷を牛耳っている。
チョン・ジュノ ユン・ウォニョン役 文定(ムンジョン)大妃(テビ)の弟。
大妃の弟という立場を利用し、絶大な権力を手に入れた。
側室チョン・ナンジョンに頼まれ、
正室や他の側室を家から追い出した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする