【オクニョ 運命の女】相関図とキャストについて

オクニョ運命の女

オクニョの相関図

オクニョ 相関図

キャスト

■オクニョ(チン・セヨン)

典獄署(チョノクソ)の使用人。明るく元気で聡明な女性。典獄署で生まれ育った。囚人たちから幅広い知識や武芸を学ぶ。母親は刺客に襲われ、運び込まれた典獄署で出産直後に亡くなった。母の死の真相を知りたいと願っている。

■ユン・テウォン(コ・ス)

囚人。頭脳明せきで腕っ節が強い。コン・ジェミョンの商団に加わる。商売を広げて金と権力を手に入れ、ある目的を果たそうとしている。

■文定大妃(キム・ミスク)

国王、明宗(ミョンジョン)の母。先々代王、中宗(チュンジョン)の3番目の正室。息子が幼くして即位後、長年に渡り摂政を務め、現在も絶大な力で朝廷を牛耳っている。

■ユン・ウォニョン(チョン・ジュノ)

文定(ムンジョン)大妃(テビ)の弟。大妃の弟という立場を利用し、絶大な権力を手に入れた。側室チョン・ナンジョンに頼まれ、正室や他の側室を家から追い出した。

■チョン・ナンジョン(パク・チュミ)

ユン・ウォニョンの側室。野心的な策略家。芸妓からユン・ウォニョンの側室になった。強大な商団を率いて巨額の利益を得ており、その資金力で文定(ムンジョン)大妃(テビ)に取り入っている。

■ユン・シネ(キム・スヨン)

ユン・ウォニョンとチョン・ナンジョンの娘。わがままで生意気。

■ソン・ジホン(チェ・テジュン)

捕盗庁(ポドチョン)の高官。地方の豪商の息子。父の期待を背負い、若くして高官の座についた。ユン・シネの婿候補に選ばれる。

関連記事

オクニョの無料動画

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする