【無料動画】カインとアベル(日本語字幕付) 1話~最終回 ソ・ジソブ主演の韓国ドラマ

カインとアベル

「カインとアベル」が無料トライアルで見れるのは?

「カインとアベル」の作品紹介/あらすじ

兄イ・ソヌと弟イ・チョインは、血縁関係はないものの、とても仲の良い兄弟だった。
ところが二人はボソン大学病院の後継者候補。病院の経営権をめぐる争いが浮上、
さらに愛する女性ソヨンをめぐって二人の関係は、どんどん悪化していった。兄ソヌは、病院と愛する女性を手に入れるため、弟チョインを亡き者にしようとするが…

「カインとアベル」の第1話あらすじ

脳神経外科医のソヌは、韓国へ戻る飛行機の中で急患に出会う。
患者の状態は深刻。機内で応急処置をすませ、実家が経営する
ボソン大学病院で緊急オペに入る。オペは成功し、母親ヘジュは満足。
ヘジュはこの功績が神経外科センター設立に有利に働くと目論んでいた。

ソヌには血のつながらない弟チョインがいた。チョインも脳神経外科医だった。
チョインはソヌの父親であるボソン大学病院長が養子に迎えた子だった。
ヘジュはチョインを嫌っていた。優しく自分を包み込んでくれたのは、ソヌだった。
チョインはソヌが大好きだった。

急患のヘルプでチョインが呼ばれ、浮浪者のおじさんのオペを成功させる。
ソヌとチョインは7年ぶりに再会を果たし、二人の絆を確かめ合った。
二人は幼馴染のソヨンに思いを寄せていた。
ソヌはソヨンとの再会を心待ちにし、ソヨンのコンサートに行くが、
ソヨンの気持ちがチョインにあることを知ってしまい…

キャスト

キャスト 役名 役柄
ソ・ジソブ イ・チョイン(オ・ガンホ)役 ボソン病院脳神経外科医
シン・ヒョンジュン イ・ソヌ役 チョインの義兄、ボソン病院脳神経外科医
チェ・ジョンアン キム・ソヨン役 チョインとソヌの初恋の人、歌手
ハン・ジミン オ・ヨンジ役 ガイド、脱北者

「カインとアベル」のクチコミ

口コミ①

砂漠の中、銃で撃たれ血まみれのソ・ジソプが倒れているという冒頭のシーン。
私は殆どドラマの予備知識もなくての視聴。医療ドラマかと思っていたのでちょっと驚きました。
総合病院の派閥争いを背景にしたかなり事件性メインのドラマでした。

血の繋がりがないものの仲の良い兄弟として育ち、大病院の院長の息子として共に医者となった兄ソヌ(シン・ヒョンジュン)と弟チョイン(ソ・ジソプ)
7年ぶりに帰国したソヌが目にしたのは責任者をチョインとした救命救急センターの建設予定と初恋の女性ソヨン(チェ・ジョンアン)が弟チョインの恋人となっていたという現実。
実の息子であるソヌを後継者とした神経医学センターの設立を望む母親はチョインを仕事先の中国で拉致する事を企む。
そしてソヌもやがて病院も愛する女性も弟に渡したくないとの考えから手を汚していくことに‥

中国での脱北者事情や収容所のシーン。そしてチョインが中国のヤクザに拉致され殺されそうになる重苦しく辛い展開の序盤。
自分を殺そうとした犯人を突き止めようとする中盤。
その犯人を追い詰めていく後半‥と、尻上がりに面白くなってきました。

口コミ②

ドラマは,旧約聖書に登場する“人類初の殺人”とされるカインとアベル兄弟の説話がモチーフとなっておりまして,ドラマ的には,義兄弟の確執とか継母のイジメとか,三角関係を織り込み,さらには記憶喪失という韓流カンフル剤を注入して,魅せるドラマに仕上げています。
久々の記憶喪失モノで“オオッ!来たか”みたいな,何だか新鮮さを感じましたし,ナ・ヘジュ副院長(キム・ヘスクssi)の継母ぶりも印象に残りました。

病院がらみのドラマ作りの上手さは「白い巨塔」や「外科医ポン・ダルヒ」などで実証済みですが,本作でも,大病院の相続を巡る勢力争いに院長家族の愛憎が絡みまくるという,韓ドラならではの濃密なヒューマンドラマが演出されています。(演出は「外科医ポン・ダルヒ」のキム・ヒョンシクssi)
ドラマの前半は中国が舞台となっていて,暗殺,北朝鮮の工作員の脱北,逃走,裏切り,投獄など,かなりサスペンス色の強い導入部となっています。
これらの刺激的な映像表現は,中国のネチズンたちにはお気に召さなかったようで,ネット上には“闇の部分だけが強調されすぎ”といった書き込みが殺到したそうです。
そして後半は一転して,家族間の愛憎に苦しみながらも,裏切りへの復讐に燃える青年医師チョインをソ・ジソプssiが魅力たっぷりに演じる,まさに韓ドラという展開になっています。
ドラマ的には前半の動きのある展開に比べると,後半のややトーンダウンは否めませんが,脱北者でチョインを支えるヨンジを演じたハン・ジミンssi,義兄ソヌを演じたシン・ヒョンジュンssiの好演で何とかゴールインすることができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です